profile of rabbit under chair
Pet Loss Support

Necropsy: Knowledge After Death (Japanese Translation)

© Mary E. Cotter, 2012   ネクロプシー(剖検):死後の知識   By Mary Cotter   編集者注:著者のメリー、コッターさんは全米HRSの副会長でHRSのNY支部、Rabbit Rescue& Rehabの創設者で、LaGuardia Community Collegeの獣医技師の非常勤講師です。   ウサギの飼い主にとって、愛兎の死ほど–特に死が突然であったり予想外であった場合–、つらいことはないでしょう。多くの場合、飼い主は悲しみに暮れて何も考えられなくなってしまうかも知れません。しかし、ここが大切な決断のときなのです。剖検をするべきか否か。 多くのウサギの飼い主は、喪失によるあらゆる感情を押さえ込もうとするのに精一杯で、剖検について考えることなどできないと感じています。あるいは、剖検についてよく知らないまま、部分的な(多くの場合誤った)情報に基づいて決断してしまうことがあります。 […]